小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

小児科全般

一般小児科とは

一般小児科

お子さまの”かかりつけ医”として、お子さまのことで、「困っている、悩んでいること」があったら、どんなことでも、まず最初に相談していただく場と考えていただければと思います。病気のこと、子育てのことで悩むことがあれば遠慮なくご相談ください。
また、診察の結果、詳しい検査や専門的な治療が必要と判断した場合には、高度な治療ができる病院へ紹介することも役割の一つです。

下記のような場合はご相談ください

こどもが日常よく遭遇する病気は何でもご相談ください。
例えば、急に高熱が出た、咳・痰がとまらない、ゼーゼーする、のどが痛い、鼻水・鼻づまりがひどくて寝れない、ひきつけを起こしてしまった、ミルクを吐く、下痢をした、便秘になった、お腹が痛い、食欲がない、赤ちゃんの様子がいつもと違う、何だか元気がなくしんどそう、ぶつぶつの発疹(湿疹)が出た、口に何かできている、おしっこの色が変、けがをした、湿疹(ぶつぶつ)、肌のカサカサが悪化した、などの子供の病気については、まず当院にご相談ください。

お子さまの受診時にお伺いすること

以下のような内容のメモをいただいておくと、診療がスムーズに進みますので、可能な範囲で結構ですので、ご協力いただければと思います。

  • 症状はいつ頃から出たのか
  • 食欲や水分摂取の状態
  • 、せき、痰、鼻水、のどの痛みの有無とその状態
  • おしっこやうんちの状態(おむつを持参ください)
  • 風邪薬や他の薬に対するアレルギーの有無
  • 現在服用している薬(お薬手帳を持参ください)
  • これまでに経験した病気や手術、入院の有無

よくある子どもの病気・症状

  • 発熱、熱性けいれん(ひきつけ)
  • かぜ症状(せき、はな、のど、みみ)
  • 中耳炎、結膜炎
  • おなかの症状、おなかのかぜ(嘔吐、下痢、腹痛、血便)
  • 呼吸器疾患
  • 小児喘息、気管支炎・肺炎、クループ症候群
  • 流行の感染症
    インフルエンザ、RSウイルス、溶連菌、マイコプラズマ
    みずぼうそう、おたふくかぜ、とびひ、手足口病、プール熱、アデノ感染
    ノロ、ロタ、感染性胃腸炎など
  • 発疹
    アトピー性皮膚炎、あせも、とびひ
    湿疹(乳児湿疹、脂漏性湿疹、にきび)、蕁麻疹、かゆみ
    その他の「ぶつぶつ」や「かさかさ」
  • 体のしこり、リンパ節が腫れている
    便秘症、夜尿症(おねしょ)
  • 小児アレルギー
    小児喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎
    食物アレルギー相談
  • 成長・発達についての相談
  • 学校検診で異常を指摘されたときの相談をお受けします。

お子さまの具合がひどく悪い場合

診療は原則として、順番通りに行いますが、以下のような症状がある場合は、診療を急いだほうがよい場合がありますので、お申し出ください。

  • 何度もおう吐を繰り返して、ぐったりしている
  • ひきつけを起こしている、またはその直後である
  • うとうとして目の動きがおかしく、ぐったりしている
  • まわりの刺激に反応しない
  • 喘息の発作等により、呼吸が苦しそうである
  • 激しい頭痛や腹痛がある
  • ケガをして出血がとまらない

その他、急を要すると思われる時は、医師、およびスタッフの判断により適切に対応いたします。
また、このような急性症状のお子様がいらっしゃる場合には、診察の順番が前後することもありますので、あらかじめ皆様のご了承をお願いいたします。