手足口病 国分寺市国分寺駅近くの小児科 小森こどもクリニック

手足口病 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

LINE
クリニックブログ
予約受付

手足口病
国分寺市国分寺駅近くの小児科 小森こどもクリニック

手足口病 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

手足口病

手足口病

手足口病

手足口病は夏に流行するエンテロウイルスやコクサッキーウイルスなどのウイルスの感染が原因で起こる病気です。ヘルパンギーナやプール熱と並び子どもの三大夏かぜと呼ばれ ています。原因となるウイルスは何種類もあるため、一度かかって抗体ができても、別のウイルスによって再びかかることがあります。
主な感染経路は、咳やくしゃみなどに含まれるウイルスを吸い込むことで感染する飛沫感染や、手指やおもちゃ、食品についたウイルスが口などから体内へ侵入することで感染する接触感染があります。

症状

手足口病の症状は手や足、口の中などを中心に2~3mm程度の水ぶくれができます。肘や膝、おしりなどにもできる場合があります。口の中以外の発疹は、ほとんどの場合、痛みや 痒みがありません。また、せきやくしゃみ、頭痛など症状も見られます。まれに高熱がでることもありますが、ほとんどの場合は1週間から10日程度で治ります。

治療

手足口病はウイルス性の病気のため、根本的に治す治療法はありません。口の中の痛みや発熱、頭痛などの症状を和らげる対症療法が中心となります。熱があるときは解熱剤を、口の中に潰瘍ができて痛みがひどいときは鎮痛剤を処方いたします。

ご注意いただきたいこと

口の中にできた水疱や潰瘍が痛むため、食欲がなくなります。脱水症状を起こさないように、水分補給をこまめに行いましょう。食べ物は刺激が少ないやわらかい食べ物を食べるようにしましょう。離乳食初期の赤ちゃんは、痛がるなら無理に食べさせなくても、母乳やミルクだけでも問題ありません。熱がなければお風呂に入っていただいても大丈夫です。
手足口病は、便の中にウイルスが排泄される期間が長く、症状が治まった後も2~4週間程度は感染源となる可能性がありますので、おむつなどの排泄物を処理した後は、しっかりと手を洗うようにしましょう。

こんな時はもう一度受診しましょう

  • 高熱が3日以上続く
  • 吐いてぐったりしている
  • 頭を痛がる
  • 水分が取れず、おしっこがでない
  • 熱もないのに、呼吸が早くてぐったりしている

登園・登校の目安

熱がなく、全身状態がよいと登園・登校は可能です。
熱があるときは医師の指示に従いましょう。