小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

漢方相談

小児の漢方治療

西洋医学に基づく病気の診断や治療方針の決定が大事な柱であり前提となりますが、その上で、漢方治療をうまく取り入れていくことで、治療の選択肢や幅が広がります。

当院では、漢方薬も大事な治療の柱として積極的に治療に取り入れています。

漢方薬と聞くと、長く飲まないと聞かない、小児では飲ませられないというイメージがあるかもしれませんが、実は、漢方治療は急性疾患にも、とても有効であり、小さなお子さんにも飲ませ方を工夫することで大きな治療の武器になります。むしろ赤ちゃんは味覚が発達していないので、上手に飲めることも多いのです。

漢方治療は、「体の自然治癒力を後押しする役割」を持っていいます。

西洋医学による治療と相乗効果を発揮して、治る力を早めてくれる場合があります。
病態によっては、漢方治療のほうが得意で、治療薬として第一選択になる病態もあります。

例えば、風邪の場合では、原因がウイルスの感染によるものなので、抗生物質は効きません。西洋治療の中心は、咳や痰を切るお薬を用いて、症状を和らげ、自然治癒を促していくことです。

一方で、漢方薬は気道の粘膜の炎症を改善する力を持っています。これは、西洋薬にはない効能で、漢方薬を併用することで、病気の治癒を早めることができる場合があります。

また、通い始めた保育園、幼稚園などの集団生活で、熱ばかり出して、休んでばかり、なかなか風邪が治らない、副鼻腔炎や中耳炎を繰り返す、体が弱い(免疫が弱い)お子さんがいらっしゃいます。このようなお子さんに、漢方治療で補完することで、体質が改善されることで、治癒を早めたり、病気(熱、かぜ)を繰り返すことを減らせることが期待できます。

漢方薬の適応する病態

「なんとなく調子が悪い」、「すっきりしない」、「虚弱体質で、よく風邪を引く」、など漠然としていて診断がはっきりしないけれど、実生活で実は一番困っているような症状に対しては、漢方薬が力を発揮してくれる場合があります。

  • 急性熱性疾患、風邪(せき、はな、みみ)、インフルエンザ
  • 湿疹・蕁麻疹
  • しょっちゅう風邪をひく、虚弱児などの体質改善
  • おなかの病気(嘔吐、下痢、胃腸炎、過敏性腸症候群)
  • 夜泣き(夜驚症)、かんしゃく(ママさんのイライラにも有効です)
  • 便秘、夜尿症
  • 小児アレルギー(アトピー性皮膚炎、喘息、鼻炎)
  • 思春期のイライラ、起立性低血圧、不眠症(ねつきが悪い)、頭痛
  • 水イボなど

にも幅広く使うことができます。他にも対応が可能な場合がありますので、ご相談ください。

漢方薬はまずくて飲めない、と思うかもしれませんが、工夫の仕方はいろいろあります。
大きな副作用が少なく、即効性があるなど利点もあり、赤ちゃんから内服できます。

小さなお子さんにも安心して飲ませることができます。
是非、お気軽にご相談ください。

小児漢方の関連ブログ記事を見る