小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

小児アレルギー相談

小児アレルギー相談

当院では、食物アレルギー、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、じんましん、花粉症、アレルギー性鼻炎・結膜炎、などを中心に診させていただきます。

以下のような症状の場合にご相談ください

  • 食べ物でブツブツがでたり肌が赤くなる
  • 夜中にセキが続く
  • 運動をするとセキが止まらない
  • 赤ちゃんに湿疹がある、肌がいつもカサカサしている、かゆみが止まらない
  • 季節によって目が赤くなったり鼻水が止まらない

などのアレルギーの症状が心配なとき、ご相談ください。

食物アレルギー相談

  • 食べ物に関連した顔や体の発疹やブツブツのご相談やご不安はとても多い内容の一つです。
  • 当院の役割は、本物の食物アレルギーかどうかを判断することにあります。必要に応じて、血液検査によるアレルギー検査を施行いたします。
  • ほとんどの発疹やブツブツは食物アレルギーと関連がない場合も多く、またお肌のお手入れ(スキンケア)で様子が見れる場合があります。また、食事(ミルク)の内容、摂り方の指導も大事な役割です。
  • 本当の食物アレルギーの場合には、小児病院(アレルギー科)へ連携いたします。
    負荷試験や栄養指導が必要となります。特に負荷試験はリスクを伴う方法で、またその結果に合わせての食事指導(具体的に「何」を「どのくらい」食べてよいかの基準など)が必要となります。小児病院(アレルギー科)に連携いたします。
    強いアレルギー反応(アナフィラキシー)、複数のアレルギー、判断が難しいアレルギー反応、重度の湿疹(体重が増えない)の場合などが適応と考えています。
  • アナフィラキシーとは(注意する症状)
  • エピペンの処方について