小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

小児外科

当院の特徴

包帯をまくこども

当クリニックは都内でも数少ない小児外科を標榜した、小児クリニックです。
「こどもはおとなのミニチュアではない」という有名な言葉がありますが、こどもについての専門的な知識をもとに、成長や発達を考えながら、手術を通して多くのこどもの病気を扱う分野です。

小児外科は極めて専門的な経験や知識が必要とされる分野です

院長は小児外科専門医に加え、全国でも数少ない小児外科の指導医の資格を持っております。
当院で、小児外科の専門的なご相談や治療が可能です。
多くの疾患は手術が不要な場合が多く、多くはクリニックで対応が可能です。
この事は、ご家族が大きな病院の受診をしていただくご負担を減らすことができる事が大きなメリットであり、当院の役割の一つと考えています。

院長は、都立小児医療センターも兼務をしておりますので、専門診療を連続的に行うことが可能です

万が一、より専門的な検査や治療が必要と判断した場合には、院長が都立小児医療センターで詳しい検査や治療、手術の担当もいたします。
また、専門的な治療が必要な場合は、小児外科以外での、他の専門チームへのスムーズな連携が可能ですので、専門診療においても、総合的な治療を受けていただけます。

手術後の経過や病状を踏まえて、お子さまの成長・発達を一緒に見守っていきます

手術を受けられた場合には、術後の経過フォローも当院で連携をして拝見いたします。
勿論、他の施設で手術を受けられたお子さんも、術後経過のフォローをいたします。
風邪、喘息などの急性疾患の場合や、成長・発達が不安な場合も、検診や予防接種においても、術後経過を考慮した治療や対応・判断ができることも当院の強みであると思っています。

小児外科は、お子さんが成人しても、長い経過フォローが必要な場合が多い領域です。
当院では、お子さま全体を総合的に、成長を見守りたいと思っていますし、 かかりつけ医としても、大切な役割や使命でもあると考えています。

是非お気軽にご相談していただけましたら幸いです。

小児外科でよく見る疾患

(以下の症状が見られた場合にはご相談ください)

お子様でよく見られる症状の

  • お腹が痛い
  • よく吐く
  • 下痢をしている
  • 便秘です
  • 血便が出た
  • うんちの色が白い
  • おしりのかぶれ
  • ケガ
  • おでき
  • 便秘

などは小児外科が得意とする分野です。以下、小児外科でよく見る疾患をご参照ください。

外傷
  • お子さんの小さな怪我や火傷の処置などにも対応いたします。
  • 頭を打った、怪我(けが)をした、切れて出血している、打って腫れている→ケガの縫合処置はします
  • やけどの処置
  • 虫刺され
  • 硬貨などの異物を飲み込んだなどに対するご相談に応じます。
  • ケガの縫合処置を致します(当院に限らず、他院で縫合処置を受けられた場合でも、キズの処置や抜糸の対応もいたします。お子さんのキズをできるだけきれいに治すよう処置を行っていきます。)
  • 肘内障(ひじを動かさない→ひじが外れた)の整復処置
異物誤飲
お腹の病気
一般小児科では診断が難しい「お腹が痛い」「よく吐く」「下痢をしている」「便秘です」「血便が出た」「おしりのかぶれ」などご相談下さい。小児外科が得意とする分野です。
そけいヘルニア(脱腸)、陰のう水腫
臍ヘルニア(でべそ)
舌小帯短縮症(ぜつしょうたいたんしゅくしょう)
ロート胸(胸がくぼんでいる)
肛門の病気
排泄障害(排便、排尿トラブル)の治療
  • 便秘症、夜尿症
  • 鎖肛やヒルシュスプルング病など排泄障害のフォロー
  • 二分脊椎による排泄障害のフォロー
体のしこり、おでき、リンパ節の腫れ
  • 血管腫、リンパ管腫
  • いぼ、粉瘤(アテローム)
  • その他の体の変形、しこり、あざが心配なとき
手術の相談
  • 小児外科疾患でのセカンドオピニオンも対応いたします。
  • お子様の病気に手術が必要かどうか、必要ならいつどこで行ったらよいのかをアドバイスさせていただきます。
  • 他院や健診で手術が必要かも・・と言われ不安を抱える方、他院で手術をお受けになり、転勤などで通院先をお探し中の方もぜひご相談ください。
  • 手術の適応かどうか、手術以外の治療法は無いのかなどもご相談ください。
  • 手術が不要な場合も多く、当院でフォローいたします。
  • 手術が必要な場合には適切な施設をご紹介いたします。

小児外科術後(他院で治療を受けられた場合も対応します)のフォローアップもいたします。

 

  • 小児外科医は小さいお子様の手術も担当しますので、聴診、打診、触診を行い、状態を的確に判断をする技術を持っています。
  • また必要に応じてエコー検査も行い、手術や入院が必要か判断を行います。