中耳炎 国分寺市国分寺駅近くの小児科 小森こどもクリニック

中耳炎 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

LINE
クリニックブログ
予約受付

中耳炎
国分寺市国分寺駅近くの小児科 小森こどもクリニック

中耳炎 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

中耳炎

中耳炎

中耳炎

中耳炎とは鼓膜の奥の中耳に細菌が入り、炎症が起こる病気で、とくに2歳くらいまでの乳幼児によくみられる耳の病気です。風邪がきっかけとなることが多く、なかなか熱が下がらない、不機嫌でよく泣く、しきりに耳に手をやるなどの場合に中耳炎を疑います。

中耳炎は子どもによくある病気だからと軽くみて、適切な治療を受けないでいると、中耳炎が治るまでに時間がかかったり、中耳炎が進行し鼓膜が破れて耳だれが出てきたりします。すると耳の痛みがなくなったりしますが、中耳炎が治ったわけではないため、必ず継続して治療を受けることが大事です。

子供に中耳炎が多い理由

子供に中耳炎が多い理由

子どもが中耳炎にかかりやすいのは、大人に比べて耳管が太く短く、水平なため、ばい菌が耳の方に侵入しやすいためです。成長していくにつれ、大人の耳管の形に近づき、中耳炎にかかりにくくなります。特に保育園に通い始めた時期は、お友達から風邪をもらいやすいため、中耳炎になりやすいです。

症状

中耳炎の代表的な症状は、耳の痛みや耳だれ、耳の詰まり感、難聴などの耳の症状の他に、発熱や食欲不振がみられます。夜中に突然、お子さんが「耳が痛い」と訴えたり、泣き出した時などは中耳炎を起こしている可能性があります。

小さなお子さんの場合は上手く痛みを伝えることができません。風邪を引いて、なかなか熱が下がらない、機嫌が悪くなる、耳に手を当てる、泣き止まないなどのサインを見逃さないことが大事です。また、耳痛を訴えず発熱のみの場合もあります。

治療

抗菌薬を処方いたしますので、最後までお薬をきっちり飲み切るようにしましょう。多くの場合は1〜2週間で完治します。薬の服用や治療を途中でやめ、中耳炎をしっかり治さないと「滲出(しんしゅつ)性中耳炎」に移行してしまう可能性があります。滲出性中耳炎になると耳の聞こえが悪くなり、治るのに長期間かかってしまいます。

ご注意いただきたいこと

  • 熱がなく、耳の痛みが強くなければ、お風呂に入っていただいてもかまいません。
  • 熱があるときは安静にし、こまめに水分補給をしましょう。
  • 耳の痛みが強いときは、冷やすと楽になることもあります。

登園・登校の目安

中耳炎は人にうつる病気ではないため、登園・登校はしていただいてもかまいません。ただし、医師の許可があるまではプールは入れません。

こんな場合には小児科を受診してください。

  • 突然耳を痛がりだした。
  • 最近よく耳を触る。
  • 風邪の治療を受けていたが、耳を触る、いたがるようになってきた。
  • 中耳炎の治療を受けているが、咳、痰、鼻水、ゼイゼイした呼吸を伴ってきた。

当院では、耳の状態のチェックも、熱、全身状態の診察を一緒に行うことができます。耳鏡(鼓膜を見る機械)を使った中耳炎の診断が可能です。また、喉(のど)、鼻水、鼻の腫れをチェックし、また呼吸の状態(胸の音を聴診器を使って診断します)をみて総合的に判断します。

小さいお子さんは、風邪からすぐに中耳炎や副鼻腔炎を起こします。風邪、中耳炎、副鼻腔炎の治療を経過に合わせてお薬を変えながら治療を行います。ほとんどの中耳炎、副鼻腔炎は鼻水のお薬、抗生物質で治すことができます。上記症状を訴える場合には小児科を受診してください。