小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

小児皮膚科

小児皮膚科

当院はスキンケア(お肌の手入れ)に力をいれています

乳児

お子様の皮膚は大人の皮膚に比べてとても薄いため、外部の刺激から守る皮膚の「バリア機能」が未熟な状態にあります。お子さんの皮膚トラブルや皮膚の病気をきたす、共通の因子として、「バリア機能」が弱いことがあげられます。スキンケアをしっかり行うことで、「バリア機能」の回復や維持ができます。お子さんの弱いお肌を守る基本であり、アトピー性皮膚炎でも、他の湿疹や乾燥肌、また感染症による発疹でも、いずれの場合も、スキンケアは治療の共通になると考えています。

スキンケアは、お薬の処方を受けるだけ治らないので、生活での注意点や、入浴の仕方や、お子さんに合わせた具体的なスキンケアの仕方をお伝えしていきます。スキンケアは時間と手間がかかりますし、お母さんやお父さんの忙しい限られた時間の中で、少しでも効果的に行える方法を一緒に考えていきたいと思います。

発疹や湿疹の原因が分からない場合

皮膚に発疹が突然できた場合、感染力の強いバイ菌や流行性のウイルスによるものがあります。
隔離室で診察を致しますので、受付時に発疹が出ている旨をお伝えください。

ケガ・やけどの処置を行なっています

  • 外傷などによるキズの処置を行います。
  • 当院だけでなく、他院で縫合処置を受けられた場合でも、キズの経過や抜糸などの処置をいたします。
  • キズや火傷(やけど)の処置の中でも、スキンケアが大事になります。少しでも、きれいに治していけるように指導をいたします。
  • (広範囲な場合や深い熱傷の場合には、専門施設へご紹介する場合もあります)

液体窒素による「イボ」の治療を行なっています

イボはヒト乳頭腫ウイルスの感染によってできるウイルス性疾患です。小児の手足によく見られ、正式には尋常性疣贅( じんじょうせいゆうぜい)と名付けられています。
当院では、液体窒素や漢方薬の内服による治療を行なっています。

子どもによくある皮膚科の病気

(下記のような場合にはご相談ください)

  • アトピー性皮膚炎
  • 湿疹(乳児湿疹、脂漏性湿疹、新生児ざそう(にきび))
  • 蕁麻疹(じんましん)
  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • おむつかぶれ
  • あせも
  • 虫刺され
  • 感染性発疹(手足口病、りんご病、みずぼうそう、はしか、風疹、など)
  • ケガの処置
  • やけどの処置
  • 水いぼ
  • ウイルス性イボ(尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)など)
  • 粉瘤などの良性の腫瘤の摘出