小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

当院の特徴

当院の特徴

小児外科専門医が幅広い(オールマイティな)診療を致します

当クリニックは都内でも数少な小児外科を標榜したこども専門のクリニックです。
「どんな病気か分からないけど心配」というときはご来院下さい。風邪や胃腸炎、喘息・アトピーなどの内科的な症状や、予防接種や乳幼児健診、育児相談に加え、手足を切った、ぶつけた、やけど等の外科的なものも含め、幅広く診察します。簡単なものであれば縫合などの処置も当クリニックで行います。
もちろん、健診や予防接種、育児相談もおかませ下さい。

小児外科医の強み(小児外科医とは)
幅広い分野をカバー

こどもの体の中を知りつくした医師が、こどもの成長と発達を考えながら、おもに手術で治療を行うのが小児外科です。
長く厳しいトレーニングを受けて、幅広く子どもの体について勉強を続け、小児外科専門医となります。
院長は小児外科専門医に加え、全国でも数少ない指導医の資格を持っております。(指導医は全国で300人程度)食道や胃、腸、肝臓などの消化器や、腎臓や膀胱といった泌尿器まで、お腹の中の病気はすべて小児外科の対象です。また、肺、気管などの呼吸器の病気も治療します。もちろん、体の表面の病気やけがも扱います。(骨や関節は専門外となります)。

お腹の病気の的確さ

お子様でよく見られる症状の「よく吐く」「お腹が痛い」「下痢をしている」「便秘が治らない」「血便が出た」などの腹部症状は小児外科が得意とする分野です。
聴診・打診・触診や腹部エコーを駆使し、手術や入院が必要か的確に判断できます。

エコーを使った診断に強い

当クリニックでは腹部・体表エコーを診断にも活用しています。
小児外科医は、エコー検査にも習熟しております。エコーは、しこりやお腹の病気の診断をするのに有用でありますが、当院が差別化できるポイントであると考えています。(健診の際にも腹部エコーを使用します。)

小児皮膚科・泌尿器科にも対応致します

小児皮膚科

小児外科以外にも、湿疹、じんましん、アトピー性皮膚炎、難治性の皮膚の湿疹の治療、褥瘡(キズの処置)、スキンケアの指導を積極的に行っています。中々、保湿ケアだけで治らない場合にはご相談ください。

小児泌尿器科

夜尿症の治療も、便秘治療と合わせて積極的に対応しております。また、男児は停留精巣、移動性精巣、包茎、包皮炎の治療や対応を致します。また、腹痛の原因として、腎・泌尿器の病気や、女児では卵巣、子宮の病気が関係していることもあります。

予約システム完備、大型駐車場が隣接しております。

ご予約ご希望の方は、こちらからご予約をお願いします。

病院との連携

高度な医療レベルを持つ病院との密な連携を図り、入院が必要な場合には、迅速に適切な治療が受けられるように配慮します。
院長が東京都立小児総合医療センターで小児外科の勤務(毎週、水曜日)を継続しておりますので、小児外科疾患については、院長が小児医療センターでも引き続き担当することができます。また、他の専門診療が必要な場合には、各専門診療科への連携を致します。
小児外科専門診療が必要な場合には優先的に対応することも可能です

院内設備(充実した設備)

  • 予約システムと連携した問診システム
  • 時間枠予約システム
  • 電子カルテの導入

様々な検査機器

  • 血液検査(血液一般、CRP検査)
  • エコー検査(超音波検査)
  • 尿検査
  • ウイルス迅速診断
  • アレルギー検査(採血)
  • ウィルスの抗体価検査

お子さん・お母さんへの心配り

  • 消毒液の配備
  • 感染隔離室
  • 吸引器
  • 吸入器
  • 契約の大型駐車場完備