小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

クリニックブログ

季節性インフルエンザについて


【症状】

急な高熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、全身倦怠感のほか、
咳、鼻水、咽頭痛、嘔吐、下痢などが出現します。
潜伏期間は1~3日間です。
発熱1日前から解熱後数日間は感染力があります。

【診断】

インフルエンザウイルスの迅速検査
鼻腔の奥に綿棒を入れ、ウイルス抗原の有無を調べます。

発症から検査までの時間が短いと、
インフルエンザであっても陰性になる可能性が高くなります。
周囲での流行、症状、検査などから総合的に診断します。

【治療】

通常、抗インフルエンザ薬を使わなくても
自分の免疫の力により4~5日間程度で治ります。
抗インフルエンザ薬は、お子さんに重症化しやすい要素があり、
また抗インフルエンザ薬の有用性が高いと考えられる方
投薬をおこないます。
また、症状やご家族の希望も考慮し、投薬の副反応をご理解、
ご了承いただいたうえで、抗インフルエンザ薬を処方します。

抗インフルエンザ薬について(リンク)

【重症化しやすい要素】

重症化しやすい要素として、
小児では低年齢(5歳未満、特に2歳未満)、
基礎疾患の存在(慢性肺疾患、心疾患、腎疾患、血液疾患、
神経筋疾患、代謝疾患、免疫抑制状態など)、
アスピリン長期服用者などが挙げられています。