小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

クリニックブログ

赤ちゃん、子どもの便秘:グリセリン浣腸をする時間は「朝」「夜」どちらでも大丈夫です。大事なのはどちかか時間帯を決めることです。


お子さんの便秘の治療において、“排便のリズム”を作る練習(習慣)が大切であることを、これまでのブログ記事でお伝えしてきております。

“排便のリズム”ができている状態とは、「すんなり、すっきり、しっかり」と排便できている状態で、トイレ・トレーニングをスムーズに進めるにはとても大切な条件です。できれば、毎日の”排便リズム”であることがより理想です。

グリセリン浣腸を柱に”排便リズム”を作ることを推奨していますが、グリセリン浣腸が優れているのは、「すんなり、すっきり、しっかり」うんちを出せることにあります。そして、もう一つ大切な役割は、「排便のタイミング」を決めることができることです。

排便は「朝」か「夜」に済ませることができれば、学校生活や社会生活がスムーズであると考えています飲み薬だと、いつ便意を催すかわからないため、排便のタイミングが決められるという点では浣腸に軍配があがります。なるべくなら日中に便意を催さないほうがよいですね。

グリセリン浣腸により「朝」か「夜(夕)」のどちらかで排便をする習慣を作ることが可能です。そして、「朝」か「夜(夕)」のどちらかに時間帯を決めて、グリセリン浣腸を行ってください

例えば「夕食後、歯磨きをして、お風呂に入る前」など、「うんちタイム」の時間帯を作ると、排便の体内リズムができやすいです。その時間にうんちをしないと気がすまない状態になると理想で、毎日の排便の習慣づくりの基礎となります。

そして、よくご質問をいただくのですが、排便のタイミングは、「朝」でも「夜(夕)」のどちらでも問題ありません。なんとなく朝の排便がよい、と思っていらっしゃる方も多いと思いますが、実は根拠はありません。

夜のほうが時間が取れるご家族も多いと思います。迷わず、「夜(夕)」にグリセリン浣腸をお行ってください。そして、できるだけグリセリン浣腸をする時間帯を決めて、毎日を目標に、淡々と練習を続けましょうね。

長い目で、例えば、小学生に上がったら、「朝」の排便リズムがよいとなれば、その時点から「朝」に時差を変更すればよいので、今、お母さん、お父さんが、確実に取り組みやすい時間で行ってくださいね。