亀頭包皮炎 国分寺市国分寺駅近くの小児科 小森こどもクリニック

亀頭包皮炎 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

LINE
クリニックブログ
予約受付

亀頭包皮炎
国分寺市国分寺駅近くの小児科 小森こどもクリニック

亀頭包皮炎 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

亀頭包皮炎

亀頭包皮炎

亀頭包皮炎

おちんちんの先端部を亀頭と呼び、おちんちんは亀頭の周りを包皮(ほうひ)という皮が覆っています。亀頭包皮炎とは、この包皮と亀頭の間に細菌(ばい菌)感染が起こったものを言います。とくに子どもの手は色々なところを触ったりしますので、ブドウ球菌などのばい菌が手についたままのことが多くあります。その手で陰部を触ると、皮の内側や亀頭の部分からばい菌が入り込み、炎症を起こします。とくに、包皮と亀頭の間は汚れや溜まりやすく、ばい菌がつきやすいです。おちんちんの先が赤く腫れ、膿(うみ)がでることもあります。

腫れが強いと、排尿時も痛み、排尿するのをいやがります。また膿が出てパンツが黄色くなったりします。

亀頭包皮炎の症状

  • 陰部の痛み
    ※トイレでおしっこをする時や走ったりしてパンツがこすれた時に痛がることが多いです。
  • 陰部の腫れ
  • 陰部の赤いブツブツ
  • 陰部のただれ

検査・診断

基本的には検査は行わず、身体診察で診断いたします。膿が出て症状が強い場合は、細菌培養検査を行う場合もあります。

治療

おちんちんの亀頭部をお風呂でよく洗います。泡石鹸で愛護的に洗ってあげるとよいでしょう。膿みがでている場合にはシャワーで洗い流します。

お薬は抗生物質の軟膏を塗布していただきます。症状、所見が強い場合には、抗生物質の飲み薬を併用します。

亀頭包皮炎を何度も繰り返す場合は、包茎が原因となっている場合もあります。まずは、亀頭包皮炎の治療を行い、その後に、包茎の治療を行います。

ホームケアでご注意いただくこと

陰部を清潔に保つことが大事です。汚れた手でおちんちんを触らないようにし、お風呂でよく洗いましょう。入浴時に包皮をむいて洗ってあげることが大事ですが、デリケートな部分でもあるため、無理に包皮をむかないようにしましょう。

家で経過を見ていただき、痛みが強く、排尿を嫌がる場合は、再度受診ください。
陰部に黄白色のかたまりのようなものが見えることがあります。これは垢(あか)がたまったためで、恥垢(ちこう)と呼びます。恥垢は無理に取ろうとせず、放置しておいて大丈夫です。
亀頭包皮炎はデリケートな部分に起こる病気ですので、お子さんの恥ずかしさや恐怖心を植え付けてしまわないように、ゆっくりと慎重に見守ってあげることも大切です。

このような時は受診しましょう

亀頭包皮炎は陰部を清潔に保つことが大事です。

その上で

  • 陰部の痛みが強い
  • 陰部が腫れている
  • 膿(うみ)がでてくる
  • 陰部に赤いブツブツがある

などの症状がある場合は、亀頭包皮炎の可能性が考えられます。

当院では亀頭包皮炎の治療を行っております。デリケートな部位ですので、些細なことでも、気になる症状がある場合は、当院までご相談ください。

亀頭包皮炎を放置すると尿路感染症を起こすこともあるので、早めの受診が大切です。