小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

クリニックブログ

予防接種:BCGワクチン接種と結核について


★結核について
結核は、日本ではいまだに毎年2万を超える患者さんが発生しています。大人から子どもへ感染することも少なくありません。結核に対する抵抗力はお母さんからもらうことができませんので、生まれたばかりの赤ちゃんもかかる心配があります。特に、乳児は結核に対する抵抗力が弱いのでひとたび感染すると、全身性の結核にかかったり、結核性髄膜炎になることもあります。重い後遺症を残す可能性がありますので、ワクチン接種で予防していくことが大切です。

★接種時期
生後1歳に達するまで(通常、生後5ヵ月から8ヵ月に達するまで)に接種します。

★接種を受けた当日の過ごし方
入浴は差し支えありません。
接種したところをこすったり、 ひっかいたりしないようにしましょう

★BCG接種部の通常の経過
接種後10日~2週間くらいしてから針痕に一致してポツポツが現れます。徐々に反応が強くなり、1~2ヵ月で最も赤みが強くなり、その後3〜4ヵ月で瘢痕を残して治ります

コッホ現象がでた場合には医療機関を受診してください。
接種して数日以内(1~5日)に接種した部位の針痕が赤く腫れたり、膿(うみ)をもつような反応を起こすことがあります。結核菌の感染を受けている可能性があることを示すもので、コッホ現象といいます。
多くのコッホ現象は「偽コッホ現象」と言われています。BCGワクチン接種後の刺激で、接種部位が一時的に赤くなることがあります。その場合は、1-2日すれば赤みは落ち着きます
しかし精密検査をして結核の治療が必要となればお薬を飲む治療が必要となります。

コッホ現象自体は有害な反応ではなく、救急外来を受診するような緊急性はありませんので、休日や夜間の場合は週明けに受診してください