小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

クリニックブログ

子どもの予防医学:汗をかく季節だからこそ、保湿をしっかりしましょう

汗をかく季節になり、あせも、汗による湿疹のご相談の受診が増えてきました。 あせもは2種類あります。 ★良い「あせも」=かゆくない、きれいな「あせも」 ★悪い「あせも」=かゆみ、赤みが強い「あせも」 肌が乾燥した状態で、汗をかくと、悪い「あせも」になりやすいです。 一方、肌が保湿され、丈夫な肌の状態では、汗をかいても、肌が荒れにくいです。そして、きれいなあせもは様子をみても大丈夫です。 汗には保湿効...

子どもの皮膚の病気:汗をたくさんかく夏だからこそ、保湿剤でスキンケアをしっかりしましょう。保湿剤は、皮膚を強くして、汗による肌あれを予防することが目的です。

★はじめに まだまだ暑い日が続いており、汗による肌あれ(とびひやあせもの悪化)のお子さんが多くいらっしゃいます。 お話の中で、「夏は保湿はしなくてもよい」「あせもは保湿してはいけない」と思っていた、とおっしゃられるご家族も多数おられました。改めて汗の環境での保湿を中心とするスキンケアの重要性をお伝えし、誤解を解かせていただきながら、現場で対応させていただいております。 この機会に、今回のテーマをブ...

「とびひ」伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)について

★「とびひ」の正式な病名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいます。 あせも、湿疹、虫刺され、すり傷などにばい菌(化膿菌)が入り込んで、みずぶくれができます。これらをかきこわした手で他の場所をかくと、そこにまた水ぶくれが「とびひ」します。 みずぶくれがあっという間に全身に広がっていく様子が、あたかも火事の火の粉が飛び火することに似ているため、「とびひ」と呼ばれています。 ★どんな病気でし...

小児アトピー性皮膚炎とは -赤ちゃんの肌のお手入れ(スキンケア)の考え方-

アトピー性皮膚炎とは 良くなったり悪くなったりを繰り返し、掻痒(かゆみ)を伴う湿疹の病気です。繰り返し湿疹が起こりますので、長期的な治療が必要です。 アトピー性皮膚炎は、遺伝的側面、アレルギー的側面、非アレルギー的側面など色々な要因が絡み合って、皮膚のバリア機能の異常をきたし発症すると考えられています。 すなわち、アトピー性皮膚炎はバリア機能の低下による病気、という考え方もできます。 バリア機能と...

赤ちゃんのスキンケアの考え方。保湿剤の意味と選び方のポイント。

小児クリニックでは、皮膚のトラブルの相談がとても多く、お子さんの2,3割が何らかの皮膚トラブルで困っています。 「自宅では保湿剤を使っているのだけど、あまり手応えがない?」 「怖いけれどステロイドを塗っていれば大丈夫ですよね?」 などは、初診時に、多くいただく質問です。 保湿剤といっても、種類は沢山あって、市販のものや、処方されたもの、効能も色々書いてあって、ご家族としては混乱してしまうのも事実だ...