クリニックブログ 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

LINE
求人案内
クリニックブログ
予約受付

クリニックブログ 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

クリニックブログ

小児の皮膚疾患:BCGワクチン接種部位の皮膚ケアについて。

Pocket

🌟BCGワクチン接種後~一般的な変化~

・BCG予防接種を受けると、約3、4週間くらいから、BCG接種部位の瘢痕は、皮膚のプツプツが、ジクジク、ガサガサになり、真っ赤になってしまうことがあります。

・BCGワクチンを接種して、2週間くらいで、針の痕に一致して、発赤や硬結が生じ、時にジクジク(化膿:かのう)して、かさぶたを作ることがあります。

・このような反応は、BCGワクチン接種後には、一般的にみられるものです。

・ワクチンを接種して5、6週頃に、最も強く現れ、以後自然に改善していきます。

・通常は、清潔に保つ、保湿ケアをすることでこれらの症状は治ります。

🌟BCGワクチン接種部位のスキンケアについて~具体的な対策は?~

入浴は通常通り行ってください。

・ガサガサがでてきたら、通常の保湿ケアを行ってください。

※特に2週間くらいすると、赤くなり、ジクジクしはじめます。石鹸を使用して入浴して清潔を保つこと、また、プロペトなどによる皮膚のケア、保護は行いましょう。

・ワクチン摂取後1,2週間は、保湿ケアは避けるほうが無難です。

※但し、アトピーや湿疹がある場合で、スキンケアが必須の場合には、ワセリンやプロペト(油分系保湿剤)の外用は大丈夫です(経過によっては、スキンケアはしたほうがよい場合もあります)。但し、ヒルドイドなどのローションは刺激になることがあるので使用しないほうがよいと考えます。不安がある場合にはご相談ください。

🌟BCG接種部位の皮膚トラブル。受診の目安について

どうしても、感染や炎症が悪化してしまうことがあります。その場合には、抗生剤、ステロイドの外用などによる治療を行うか判断しますので、病院を受診してください。

・もともと皮膚が弱くてスキンケアの仕方が分からない
・接種部位がジクジクが強く汚い液がでてきた
・接種部位が赤みが強く、全体に腫れてきた、熱感が強い
・数ヵ月以上に渡りジクジクしている
・針の痕が互いにつながり、大きな潰瘍になってしまった

このような場合には病院を受診してください。