クリニックブログ 国分寺市国分寺駅近くの小児科 小森こどもクリニック

クリニックブログ 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

LINE
クリニックブログ
予約受付
よくある症状と病気

クリニックブログ
国分寺市国分寺駅近くの小児科 小森こどもクリニック

クリニックブログ 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

クリニックブログ

赤ちゃん、子どもの発熱の基準や目安、検温のコツは?

  • 公開:2022年8月3日
  • 更新:2022年8月3日
  • 感染症
Pocket

✔️赤ちゃん、子どもの発熱の基準は?

・わきの下での測定で37.5度以上

または

・平熱より1度以上高い時

 

ただし、夏場や午後には熱がこもりやすいため、1回の検温で発熱と判断するのではなく、数回検温して判断するとよいです。

例えば、着るもの、部屋の温度など、環境要因を改善し、もう一度体温を測り、お熱が続いているかどうか見てみましょう。着せすぎ、暖めすぎ、水分不足、便秘などでも簡単に熱をだします。

特に、赤ちゃんは体温を調整する働きが未熟で、容易に上がったり下がったりします。

 

赤ちゃん、お子さんが発熱したら。新生児、乳児、小児、子どものお熱のホームケア

院長 小森 広嗣
記事監修
院長 小森 広嗣
(こもり こうじ)

慶應義塾大学医学部卒業
小児外科学会専門医、小児外科指導医、医学博士

小森こどもクリニックでは、成長の感動や喜びをお子さん ご家族と分かち合い、楽しく安心して子育ができる社会を創ることをビジョンに活動しています。

詳しい医師紹介を見る  よくある症状と病気一覧