クリニックブログ 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

LINE
求人案内
クリニックブログ
予約受付

クリニックブログ 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

クリニックブログ

赤ちゃん、子どもの発熱:赤ちゃんの発熱するしくみ

Pocket

どうして熱がでるのでしょうか?

赤ちゃんが発熱する原因は、体の中に病原体が入ってきたとき、それら病原体と戦い、体を守るために熱を出しています
病原体は熱に弱いので、病原体の増殖を抑える役目もあり、また病原体と戦ってくれる白血球が働きやすい環境にしてくれています。
熱が高いとお子さんしんどいですが、病原菌やウイルスも大変苦しいのです。

熱は下げたほうがいいのでしょうか?

お子さんが元気で、食事や水分がとれているのであれば、仮に39度以上の発熱であっても、解熱剤を使用する必要はありません。病気がよくなれば自然に熱は下がります。
まずは、ゆっくり休ませてあげたり水分を上手に取らせてあげたりすることが大事です。ただし、お熱に弱いお子さんもいて、熱が出ると寝られなくなったりお水が飲めなくなったりする方もいます解熱剤はそんなお子さんが、寝れるようにしてあげたり食事摂取が少しでもすすむように、お手伝いをするお薬だと思ってください。

発熱時に注意すること

お熱が高いだけで、脳が駄目になってしまうことはありません。ただし、中には頭の中(脳)が好きな病原体がいて、病原体が脳で悪さをする場合が極まれにあるので注意は必要です。また、病原体以外の理由で出るお熱もあります。熱を出している、それぞれの原因によっていろいろなトラブルが起こることがあります。

お熱以外のお子さんの様子、例えば目線が合いにくい、変なことをお話しする、ぐったりしてきた、反応が乏しいなど今までのお熱の時にはあまり見たことのない様子が見られたら、速やかに病院を受診してください。