小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

クリニックブログ

予防接種:三種混合ワクチン(DPT)の「任意接種」の考え方について。特に百日咳の流行予防の点で推奨されています。


学童期以降の「百日咳(ひゃくにちぜき)」に対する免疫の維持のために、「三種混合ワクチン(DPT)」の「任意の追加接種」小児科学会で推奨されています(2018年8月1日)

★現状では、四種混合ワクチン(DPT-IVP)が定期接種(合計4回)として行われています。

D=ジフテリア、P=百日咳(ひゃくにちぜき)、T=破傷風を、IPV=ポリオを予防するワクチンが入っています。
定期接種としては、生後3ヶ月から90ヶ月(7歳半まで)の間に合計4回の接種が行われます。
推奨の接種時期は、2歳までに4回の接種が終了していることとなっており、実際に大半のお子さんでは2歳までに、4回接種が完了していることが多いです。

★四種混合ワクチン(DPT-IVP)の定期接種が2歳までに終わっていることの問題点。

百日咳のワクチンの「抗体価」が、学童期(小学校)に上がる頃までに低くなってしまい、再び百日咳にかかりやすくなることです。

★実際に、学童期以降から成人での百日咳の発生が流行しています。

日本では、4回しか接種しないため(海外は6回)、小学校に入るまでの半数が抗体価がなくなっています
・このため、学童以降の成人では、ワクチン接種歴があっても、百日咳に罹患しやすくなります
症状は、風邪症状、長引く咳ですが、診断は難しい場合が多く、また感染力は非常に強く、家族内で伝播し、地域で流行してしまうことです。
・特に家族内で、百日咳ワクチンが接種が始まっていない新生児、赤ちゃんが百日咳にかかると、とても症状が重くなりますので、全体での予防が大切です。

★三種混合ワクチン(DPT)とは
2018年1月に 三種混合ワクチン(DPT)が販売、供給の再開となりました。これにより、三種混合ワクチン(DPT)不活化ポリオワクチン(IPV)がスケジュー ルに再度入れられました
D=ジフテリア、P=百日咳(ひゃくにちぜき)、T=破傷風を予防するワクチンが入っていますがP=百日咳ワクチンが入っていることが鍵となります。

★3種混合ワクチン(DPT)を「①就学前(年長児)」および「②学童期」に任意接種することで、低下した百日咳の抗体価を、再び高く維持することができます。

★小児科学会が推奨する予防接種スケジュール(2018年8月1日版)の推奨について

①就学前(年長さん)に3種混合ワクチン(DPT)IPV(ポリオ)ワクチン任意接種(自費)と同時に1回目の任意接種
学童期11歳に、DT(2種混合ワクチン:定期(公費))の代わりに、3種混合ワクチン(DPT)を任意(自費)として2回目の任意接種

こうすることで、百日咳ワクチンとして合計6回の接種を受けられるため、百日咳に対する免疫が長期にわたり維持されることになります。

★3種混合ワクチン(DPT)のご希望の方へ

任意での3種混合ワクチン(DPT)での予防接種をご希望される場合には、お電話の予約で承っております。

当院ホームページへはこちらよりお願いいたします。