小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

クリニックブログ

小児の便秘:「内服薬(飲み薬)」と「グリセリン浣腸」とでは、どちらが便秘の治療(排便トレーニング)には「よい」のでしょうか?

結論です。
★「排便のリズムが作れている」ならば「内服薬」でも「グリセリン浣腸」でも、どちらでも大丈夫です。 ★「排便のリズムが作れている」とは ・毎日から1日おきのスムーズな排便
・スムーズな排便とは、便意を感じたらすんなり排便(5-10分くらいで)できている
・朝あるいは夕方の決まったタイミングで排便している ・トイレで排便(3歳半くらいから)ができる状態...

小児便秘外来の受診にあたりまして(小森こどもクリニック)

便秘相談での受診を多くいただくようになり、また、遠方からお越しいただく方も増えてきたこともあり、「小児便秘外来」の設置をいたしました。 便秘相談の診療は、じっくりお話をしながらの診察を進めて参りますので、「一般診察」と別に「時間枠」での設置といたしました。 便秘外来では、「時間枠」での設定を行なっております。現状ですが、「一般診療」と「便秘外来」を並行して行なっております。このため、適宜お待ちいた...

あかちゃん、こどもの便秘:便秘の治療で、食事療法を頑張りすぎなくても大丈夫です。〜小児科・小児外科〜

★食事療法を頑張りすぎてヘトヘトになっていらっしゃるご家族の方へ バランスのよい食事、繊維質の多い食事、水分摂取をこころがけ、あるいはオリゴ糖など便秘にメリットのある治療など、食事療法をとことんやっているのに、、 「便秘が一向に改善しない、、」「こんなに頑張っているのに、先が見えてこない」と、半ばノイローゼになっておられるご家族から多くご相談をいただきます。 今回は、便秘治療における、食事療法の考...

子どもの便秘:嫌がるわが子に無理してでも浣腸を続けるべきなのでしょうか?心が折れそうなご家族の方へ。

★まずは、結論から。 心が折れそうになるのですが、
それでも浣腸は続けた方がよいです。 特に2、3歳くらい、イヤイヤ期真っ只中のお子さんのご家族から多くいただく質問です。 力が付いてきて、拒絶が強く、
暴れるので浣腸液が入れられない、、 そして、押さえつけて無理やりやったとしても、なんだか気持ちが辛くなる、
後味が悪い、、 確かにやったほうがよいのは分かるのだ...

小児の便秘:地道な排便トレーニングは、 うんち専門医=「パーソナル・トレーナー」と共に練習を続け、少しずつ成果を出していきましょう。

ジムやダイエットでの
★「パーソナル・トレーナー」の役割は、
一人だったら続けることが難しい、
すぐには結果が出ない、
地味で単調、根負けしやすい日々の練習で、
目標を決め、また時に叱咤激励をして、
不安・誘惑に負けないよう、
共に歩み成果を出していくことです。 ★便秘の治療=トレーニングでも同じことが言えます。 ...

小児の便秘:「グリセリン浣腸」で「排便する」ことは、「補助輪」をつけて「自転車に乗る」ことと同じです。「グリセリン浣腸」=「補助輪」と考えていきましょう。

便秘の治療で、
「グリセリン浣腸で排便をさせることに抵抗がある」
「ずっと浣腸をしていて、自分でうんちが出せるようになるイメージが持てない」
という質問を便秘外来でよくいただきます。 いつもこのような例え話をさせていただきます。 自転車が乗れるようになるのに、まずは「補助輪」をつけて練習をします。
最初は「両輪」で練習をして、次第に「片輪」でも乗れる...

子どもの便秘:排便トレーニングは、筋トレやダイエットと同じです。小児科、小児外科。

便秘の治療に長く関わる中で「排便のトレーニング」は「ダイエット」や「筋トレ」ととても似ていると、常恒感じています。理由をお話しします。 ★「排便トレーニング」は継続すれば効果は確実に出てきます 排便トレーニングも、筋トレやダイエットと同じで、「続ける」ことができたら、結果も少しずつ出していくことができます。
習慣の力は偉大で、繰り返し排便を続けることで、正しい「リズム」や「出す力」が身...

小児の便秘:鎖肛(さこう)という重症な便秘のお子さんたちの治療経験から言えること。小児外科医の立場から排便トレーニングは本当に大切だと言えます。

鎖肛(さこう)という病気はご存じでしょうか? 生まれつきお尻の穴がなくて、うんちが出せない病気です。
小児外科で肛門を作る手術をして治します。 手術では、神経や筋肉(肛門括約筋)が極めて少ないため、
このわずかに存在する筋肉や神経を最大限に利用して、
直腸に括約筋を巻き付けるように肛門を作ります。 この病気の難しいところは、そもそもが筋肉と神経が少ないので、

赤ちゃん、子どもの便秘:「排便日記」を毎日つけましょう。治療を決めていく目安にもなります。

便秘の治療の大事な柱の一つとして、
「排便日記」をつけることをおすすめしています。
赤ちゃんから大きなお子さんまでとても大事な記録です。 大きなお子さんにとっては励みにもなりますし、
記録することが単調な日々の治療を
支えてくれるものにもなります。
更には今後の治療方針を決めていく上で
大事な記録でもあります。 当院では、治...

小児の便秘:浣腸には、「前向きな浣腸」と「後ろ向きな浣腸」があります。是非、「前向きな浣腸」を選びましょう!

便秘における浣腸には、前向きに行う浣腸と、後ろ向きに行う浣腸があるというお話をいたします。 ★前向きな浣腸 →浣腸は練習であると考える 積極的に排便のリズムを作る事が目的て、排便トレーニングのために浣腸を行っています。
ペースを決めて排便をしているので、排便習慣が身につきます。
常に空っぽにすることで、太くなった直腸がスリムになり、直腸の収縮力や感覚が改善していきます。 ★...
1 2