クリニックブログ 国分寺市国分寺駅近くの小児科 小森こどもクリニック

クリニックブログ 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

LINE
クリニックブログ
予約受付

クリニックブログ
国分寺市国分寺駅近くの小児科 小森こどもクリニック

クリニックブログ 国分寺市の小児科 小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

クリニックブログ

子どもの感染症:手足口病、ヘルパンギーナが6月中旬から流行しはじめています

Pocket

熱かぜや胃腸炎も保育園、幼稚園、学校で依然として流行していますが、6月中旬頃から特に夏かぜの代表である、手足口病、ヘルパンギーナが流行しはじめています。

国立感染症研究所の最近のまとめでは、今年(2019年)は直近の1周間(6/3~)では過去5年間の同時期の中でかなり多いとの報告がでています。

4歳以下のお子さんが感染しやすく、半数は2歳以下とされています。ウイルスの種類が多いので、免疫をもっていないウイルスにあたるとお母さん、お父さんも、お子さんからうつる可能性もあります。通常は、熱に続いて、手足口に水疱が現れ、通常は3から7日くらいでよくなります。ヘルパンギーナは高熱と口内炎が特徴です。

手足口病、ヘルパンギーナは、ウイルスを含んだ”咳や”くしゃみ”、”水疱の内容物”を吸い込むことで感染します。治ったあとも、2~4週間は便にウイルスが排泄されるので、手洗いが不十分だと他の子にうつす可能性あります手洗い、うがい、マスクをして、予防をしっかり行っていきましょう

手足口病、ヘルパンギーナについては、こちらの記事(クリニックブログもご参照ください。