小森こどもクリニック

求人案内
クリニックブログ
予約受付

小森こどもクリニック

MENU
子供の笑顔

クリニックブログ

小児喘息とは-総論-


気管支喘息とは

発作的ヒューヒュー、ゼイゼイという喘鳴(ぜんめい)繰り返す病気です。
ただし、ゼイゼイ=すべて小児喘息というわけではなく
ゼイゼイの中でも、アレルギーが関係する喘鳴本来の気管支喘息です。
アトピー型(IgE関与)といわれています。

ハウスダストダニなどのアレルギーが関与して、
気道慢性的に炎症を起こしている病気です。
慢性的な炎症とは、常に空気の通り道(気道)の内側が
腫れている状態が続いてる状態で、外からの刺激に対して
とても敏感な状態になっています。

敏感な状態の気道に、様々な刺激かぜ、ダニ・ホコリ、寒暖差、運動、ストレス、タバコの煙など)が加わると、過敏状態の気道発作的に反応をして、急に気道が狭くなり、咳やゼイゼイを繰り返します。

すなわち、外部の刺激によって、

1.気管支の周囲にある筋肉が収縮
2.気道の表面の粘膜がむくむ
3.気道の分泌物(痰)がふえる

状態が発生し、気道の狭窄(狭くなる)が起こります。
このように発作的に気道の狭窄をきたした状態
喘息発作」といいます。

小児喘息は、アレルギーマーチの経過の中で、
半数が3歳ころまでに発症し、
8割が6歳頃までに発症するといわれています。